マンデン占星術のやり方

占星術の一つ、マンデン占星術(マンディーン占星術)のやり方についてまとめました。

このページを読むことでマンデン占星術の基本から応用までのやり方が分かるようになります。

マンデン占星術とは

マンデン占星術は、個人ではなく国や社会全体を占う占星術であり、国家や組織、政治や社会動向などの大きな流れを読み解くのに用いられます。

この分野で使用されるホロスコープは、始原図(出生図)、四季図、月相図、イングレス図、会合図などがあり、それぞれ特定の目的や期間を占うために使用されます。

マンデン占星術の基本要素

マンデン占星術の基本要素について、さらに詳細な情報を提供します。

この占星術は、個人ではなく社会や国家などの大きな集団を対象としています。

以下は、マンデン占星術の核となる概念とその応用です。

1. 始原図(出生図)

  • 概念:
    個人占星術でいう「出生図」と同様、国や組織の「誕生」を示すホロスコープです。
  • 応用:
    国家や組織の基本的な性質、強み、弱み、運命の傾向を読み解くために使用されます。

    例えば、国の独立宣言があった瞬間や、重要な歴史的イベントの日時を基に作成されることがあります​​。

2. 四季図

  • 概念:
    春分、夏至、秋分、冬至の各時点で作成されるホロスコープで、太陽が活動宮の0度に入る瞬間に基づいています。
  • 応用: これらのチャートは、特定の期間(通常は3ヶ月ごと)の社会的、政治的動向を予測するのに用いられます。
    特に春分図は、その年の全体的なトレンドを示すのに重要視されます​​​​。

3. 月相図

  • 概念:
    新月、満月などの月の周期に基づいて作成されるホロスコープで、短期的な社会の動向を示します。
  • 応用:
    月相図は、社会的な問題やトレンドが表面化する可能性のある時期を特定するのに役立ちます。

    新月と満月のチャートは特に重視され、日食や月食が発生する時はその影響力が大きいとされます​​。

4. イングレス図

  • 概念:
    特定の天体が新しい星座に入る瞬間のチャートで、長期的な変化を示します。
  • 応用:
    特に、外惑星(木星、土星、天王星、海王星、冥王星)のイングレス図は、社会や文化の大きな変化を予測するのに使われます。

    これらの天体はゆっくりと動くため、その影響は長期間にわたって感じられます​​。

5. 会合図

  • 概念:
    2つ以上の外惑星が特定のアスペクト(合、スクエア、オポジションなど)を形成する時のチャート。
  • 応用:
    経済、政治、社会的な大きな変革やイベントを予測するのに使用されます。

    特に、土星と天王星の会合などは、社会構造や制度に影響を与える重要な変化を示唆することがあります​​。

これらの基本要素を理解し、適切に解析することで、マンデン占星術は国家や社会の未来を読み解く強力なツールとなります。

しかし、これらの技術を駆使するには、占星術の知識だけでなく、政治、経済、社会の動向に対する深い理解も必要です。

ホロスコープの読み方

ホロスコープの読み方は、個人占星術でもマンデン占星術でも基本的なアプローチは同じですが、解釈される内容が異なります。

ホロスコープは天体の位置関係、ハウス(生活の舞台となる分野)、アスペクト(天体同士の角度関係)を読み解くことで、個人の性格や運命、国家や社会の動向などを分析します。

以下にホロスコープの基本的な読み方について説明します。

1. 天体の位置

ホロスコープにおける天体(太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星)は、それぞれ特定の意味を持ちます。

例えば、太陽は個性や意志、月は感情や直感を象徴します。

マンデン占星術では、これらの天体は国家や社会の様々な側面を表します(例:太陽は指導者や政府、月は国民や世論)。

2. 星座

天体が位置する星座は、その天体の性質を色付けます。

12星座はそれぞれ異なる特性を持ち、天体がその星座にあるとき、その星座の特性を表現する傾向があります。

マンデン占星術では、星座は国家や社会の特定の傾向や行動様式を示唆します。

3. ハウス

ハウスはホロスコープを12のセクションに分け、人生の異なる領域を示します。

例えば、1ハウスは自己イメージ、4ハウスは家庭やルーツ、10ハウスはキャリアや社会的地位などです。

マンデン占星術では、ハウスは社会の異なる部分や国家の様々な領域を表します。

4. アスペクト

アスペクトは、ホロスコープ上で天体同士の角度関係です。

合(コンジャンクション)、スクエア(90度)、トライン(120度)、オポジション(180度)などがあり、これらは天体間の調和や緊張を示します。

アスペクトは、個人の内面的なダイナミクスや国家間、社会内の関係性を読み解く鍵となります。

5. 解読のプロセス

ホロスコープを読む際には、これらの要素を総合的に解析します。

天体の位置、それがどの星座にあるか、どのハウスに位置しているか、そして他の天体とどのようなアスペクトを形成しているかを見ることで、詳細な解釈を行います。

実践例

マンデン占星術で、特定の国の未来を占う場合、その国の始原図を分析し、現在進行中のトランジット(移動中の天体が始原図の天体やポイントに影響を与えること)やプログレッション(時間の経過と共に変化するホロスコープ)を考慮に入れます。

これにより、政治的な変動、経済的なトレンド、社会的な動きなどを予測することが可能になります。

マンデン占星術におけるホロスコープの読み方は、基本的な占星術の知識とともに、社会、政治、経済に関する深い理解を必要とします。

ホロスコープを通じて国家や社会全体の動向を読み解くことは、占星術を超えた広範な知識と洞察力を要求される高度な技術です。

四季図の具体的な使用方法

四季図の使用方法については、マンデン占星術において特に重要な役割を果たします。

四季図、すなわち春分図、夏至図、秋分図、冬至図は、それぞれ太陽が牡羊座0度、蟹座0度、天秤座0度、山羊座0度に入る瞬間を基に作成されるホロスコープです。

これらは社会や国家の動向、特定の時期のエネルギーを理解するのに用いられます。

以下に、四季図の具体的な使用方法について詳しく説明します。

四季図の目的と機能

  • 春分図:
    年の始まりと見なされ、その年全体の社会や国家のトレンド、エネルギーを示します。

    春分点は占星術で新しいサイクルの始まりを意味し、新たな展開や方向性を予測するために用いられます。
  • 夏至図:
    夏至は太陽が最も高く昇る時期であり、この図は特にその年の中盤に起こり得る重要なイベントやエネルギーの変化を示します。
  • 秋分図:
    年の後半のバランスと調整を象徴し、この時期に生じる社会的な動向や変化を予測します。

    秋分は昼夜の長さが等しくなるため、バランスの取れた視点から年の残りを評価するのに適しています。
  • 冬至図:
    年の終わりに向けてのエネルギーを示し、冬至は太陽が最も低くなる時期であり、新たなサイクルに向けての準備や内省の時期を象徴します。

四季図の解析方法

  1. アセンダントとミッドヘブン:
    四季図において、アセンダント(昇るサイン)とミッドヘブン(天頂)は、その期間の主要なテーマや焦点を示します。

    これらのポイントは、社会の気分や方向性、リーダーシップや政府の役割に関連することが多いです。
  2. 天体の位置:
    各四季図における主要な天体の位置は、その時期における重要なイベントや動向のヒントを提供します。

    特に、外惑星(木星、土星、天王星、海王星、冥王星)の位置は、より長期的な社会の変化やトレンドに関連します。
  3. アスペクト:
    天体間のアスペクトは、その期間のダイナミックや課題、機会を示します。

    ハードアスペクト(スクエア、オポジション)は挑戦や緊張を、ソフトアスペクト(トライン、セクスタイル)は調和や機会を象徴します。

四季図の応用

四季図は、政治的な選挙の結果、経済的なトレンドの変化、社会的なムーブメントの発生など、特定の期間における重要な出来事を予測するために使用されます。

また、四季図は、その期間の社会の気分や一般的な傾向を把握するための一つの方法としても用いられます。

四季図の具体的な使用方法は、マンデン占星術において非常に重要であり、社会や国家レベルでの予測に不可欠なツールです。

これらのチャートを正確に解析し理解することで、マンデン占星術師はより深い洞察を提供し、未来の動向を予測することができます。

新月図と満月図

新月図と満月図は、マンデン占星術において特定の短期間の社会的、政治的動向や変化を予測するために使用される重要なツールです。

これらのチャートは、新月や満月の瞬間に基づいて作成され、約2週間ごとの社会のエネルギーの流れや焦点を示します。

新月図

  • 目的:
    新月は太陽と月が同じ星座と度数に位置し、新しい始まりや新たなプロジェクト、アイデアの種を象徴します。

    新月図は、新たなサイクルの開始とそれに伴うエネルギーの流れを示し、この期間に始まる新しい動向や取り組みに関する洞察を提供します。
  • 使用方法:
    新月図は、特にその新月が発生する星座やハウスに注目し、どの社会的、政治的領域に新しい焦点が当てられるかを分析します。

    アスペクトや他の天体の位置関係も、新しい始まりがどのような影響を及ぼすかを示す手がかりとなります。

満月図

  • 目的:
    満月は太陽と月が正確に180度の角度(オポジション)を形成し、完了や実現、明らかになることを象徴します。

    満月図は、過去2週間の間に始まったプロジェクトや動向がどのように頂点に達するか、または結果が明らかになるかを示します。
  • 使用方法:
    満月図では、太陽と月がどの星座とハウスに位置するかを分析し、社会的、政治的な成果や結果が最も顕著になる領域を特定します。

    満月図はまた、社会の気分や世論がどのように変化するか、どのような問題が表面化するかについての洞察を提供することがあります。

新月図と満月図の応用

これらのチャートは、社会や政治の動向を短期間で把握するための重要なツールです。

新月や満月が特定の星座にある場合、その星座に関連するテーマや問題がその期間に焦点を当てられる可能性が高いです。

例えば、新月や満月が牡羊座にある場合、リーダーシップや開始する勇気、衝動的な行動が強調される傾向があります。

逆に、魚座にある場合、共感、直感、精神的なテーマが前面に出ることが予想されます。

新月図と満月図を用いることで、政治的な選挙の結果、社会的な運動の発展、経済的な変動など、特定の期間に起こりうる重要なイベントや変化についての洞察を得ることができます。

これらのチャートの解析を通じて、占星術師は短期的な社会の動向を読み解き、未来を予測する貴重な情報を提供することができます。

マンディーン占星術の実践的なアプローチ

占星術、特にマンデン占星術における実践的なアプローチは、理論的知識を超えて、具体的な事象やトレンドを予測し、解釈する方法に焦点を当てます。

以下は、占星術を実践する際の主要なステップです。

1. チャートの作成

  • 基本:
    正確な日時と場所を使用してホロスコープを作成します。

    個人占星術では、出生時の情報を使用し、マンデン占星術では、国家やイベントの「誕生」の瞬間を使用します。
  • ツール:
    現代では、ソフトウェアやオンラインサービスを使用して正確なホロスコープを迅速に作成することができます。

2. 天体と星座の解釈

  • 天体の影響:
    各天体が持つ象徴的な意味を理解し、それがどの星座に位置するかによって、その意味がどのように変化するかを解釈します。
  • 社会的影響:
    マンデン占星術では、天体と星座の組み合わせを通じて、社会や国家レベルでのトレンドや変化を読み解きます。

3. ハウスの分析

  • 生活の舞台:
    ハウスは人生のさまざまな領域を表し、天体がどのハウスに位置するかによって、そのエネルギーがどの領域に影響を与えるかを示します。
  • 実生活への応用:
    特定のハウスの活動は、個人の経験や社会的な出来事に具体的な影響を及ぼします。

4. アスペクトとトランジットの評価

  • 相互作用:
    天体間のアスペクトを分析し、それらの相互作用が個人や社会にどのような影響を与えるかを解釈します。
  • 時間の流れ:
    トランジット(現在の天体の動き)とプログレッション(時間とともに進化するホロスコープ)を分析し、未来の動向を予測します。

5. 総合的な解釈

  • 統合:
    ホロスコープのすべての要素を総合的に解釈し、具体的なアドバイスや予測を提供します。
  • 現実への適用:
    この解釈を現実の状況、特に個人の生活や社会的なトレンドにどのように適用するかを考えます。

実践的なアプローチは、理論だけでなく、実際に占星術を生活や社会分析に応用する技術です。

このプロセスは、マンデン占星術の知識を深め、具体的な状況に対する洞察を提供することで、より豊かな理解と実用的なガイダンスをもたらします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました